「私のDear Tomorrow」

# 個の力を磨く # そこまでやるか!

# お客様のことを誰よりも知るSEに # やる気を伸ばそう

2018年 入社

文学部卒

塚越 知美

システム開発

金融第2-1グループ

職種: システム開発担当

仕事の経歴:
保険会社様のシステム開発

Interview

人も、制度も。
やる気を伸ばしてくれる会社です。

インフォテックを選んだ理由は?

インフォテックを選んだ理由は?

インフォテックを選んだ理由は? 私は子どもの頃から、ものをつくることに興味がありました。技術を身に付けて、その技術を使って世の中を便利にしていく。そんな仕事に魅力を感じていました。
一方で、就職活動を進めながら、チームでプロジェクトに取り組むことにも関心があることにも気づきました。

私は学生時代、競技カルタに熱中していました。 競技カルタの団体戦は仲間と同時に試合に臨むので、同じ緊張感の中で一緒に戦います。
チームだからこそ味わえるその一体感がとても好きでした。

そんな時に、IT業界と出会いました。
IT業界ではシステムという“ものづくり”を進める上で、1つのプロジェクトにそれぞれのスキルを持った人が集まって、その技術を発揮する。
個の力が必要でありながらも、チームワークが欠かせない。
コミュニケーションを取り合って、みんなで成果を出す。
それは、私が求めている働き方そのものでした。

ITスキルはほぼなかったので、研修制度が充実している会社を探しました。
その中でも、学生の私に対して、選考過程でお世話になった社員の方がとても親身に接してくださったと感じたインフォテックに入社することに決めました。

現在の仕事内容とその「やりがい」は?

インフォテックを選んだ理由は?

現在、私は某保険会社様向けの保険・給付金支払いシステム(保険加入者の方の保険金・給付金の支払い申請の受付から、実際に支払いを終えるまでの一連の手続きを滞りなく進める為のシステム)の新機能追加プロジェクトに参画しています。

その中で、私はシステムテスト(利用者の方が問題なくシステムを動かせるかどうかの確認)を担当しています。
実際にシステムテストを担当し、大変と感じていることは、テストは1回や2回では終わるわけではなく、「そこまでやるか!」というくらい細かく利用者の方の動きを想定してテストケースを作る必要があるということです。

あらゆるリスクを潰さなければ、最終的にシステムの精度を上げることはできないということがわかりました。
仕事を任された当初は慣れることに精一杯で仕事の目的を見失いがちでしたが、今は、任された仕事がプロジェクト全体に対してどう貢献しているのかがようやくわかってきて、やりがいを感じています。

私がめざすもの。そして就職活動中のみなさんへ

インフォテックを選んだ理由は?

チームで働くのが好きなんだ。
ここまでの約2年間でそのことに改めて気づきました。
たくさんの個性が集まるチームの中で、私にしかない個性のあるスペシャリストになることが今の目標です。

その為のひとつの取組みとして、4ヶ月程前に会社が主催している海外フィールドワーク研修に参加しました。
参加した理由は、お客様のニーズに見合ったものを提供できる傾聴力や思考力を身につけたいと思ったからです。
研修では、自身の思考の癖を知ることができ、改善点も見つかりました。
来月からは部署が変わり、お客様と直接関わる仕事が始まります。

これまでの業務や研修で得た気付きを生かして、まずはお客様のことを誰よりも知るSEになれるように努力して、周りの期待にこたえたいと思っています。
インフォテックには、やる気さえあれば、その気持ちを後押ししよう、伸ばそうとする社風が根付いていると思います。

私は文系でプログラミングについては何も知りませんでしたが、新入社員研修でしっかりと身につけられました。
現場に出てからも、わからないことは年次の近い先輩方が細かくフォローしてくださいますし、その上の立場の上司も忙しい合間を縫って指導してくださいます。
海外フィールドワーク研修のように新しいことへの挑戦も歓迎されました。

また、女性という視点で話すと、産休や時短勤務の制度もきちんと整っているので、女性でエンジニアを目指す人にはぜひおすすめします。

ある一日のタイムスケジュール

ある一日のタイムスケジュール
他の社員インタビューを見る