「私のDear Tomorrow」

# 社員を大事にする # 大プロジェクトを担う

# チームで働くということ # そもそもを大切に # 当たり前ってすごい

2013年 入社

理工学部卒

本田 脩

システム開発

アライアンスグループ

職種: アプリケーションスペシャリスト

仕事の経歴:
官公庁向け給与システムの開発・保守・運用

Interview

当たり前を、当たり前にできる。
そこに仕事の難しさとおもしろみがある。

インフォテックを選んだ理由は?

インフォテックを選んだ理由は?

インフォテックを選んだ理由は? 私は元々パソコンを扱うことが得意でした。

そんな理由から、IT業界での仕事は自分に合っているのではないかと思い、様々な企業の会社説明会に参加していました。
しかし、どの企業も似たような話が多く、何を判断基準にして企業を選択していけばよいか悩んでいました。

その中で、インフォテックはちょっと違いました。

当時、私が参加した会社説明会に取締役の方が参加されていて、直接学生とお話をされていたんです。
堅く、難しい話をするわけではない。仕事の内容もそうですが、社風の話やご自身のお話等もしていただき、とても距離感が近い印象を持ちました。

「社員を大事にする」という思いの片鱗が見え、そこに魅力を感じました。
このときの印象が決定打になって、インフォテックに入社することに決めました。

現在の仕事内容とその「やりがい」は?

インフォテックを選んだ理由は?

私は官公庁様向けの人事・給与システムの開発・保守を担うプロジェクトに携わっています。
このプロジェクトは複数の企業が参画し、全体で300名を超える開発メンバーがいます。
インフォテックではそのうち給与業務に関するシステムの開発・保守を担当していて、私はチームリーダーとして開発内容の調整、およびチームメンバーのタスク管理を行っています。

これまでの経験を振り返って一番印象に残っていることは、配属後、最初に取り組んだ既存システムの移行作業(システムが劣化してしまった為、新しい環境に乗せ換える仕事)で、私が改修したプログラムが原因で障害が起きてしまったことです。
すると、多くの上司や先輩たちが集まってきて、遅い時間まで対策のための打ち合わせが始まりました。
私は「大変なことをしてしまった・・・」と打ちひしがれてしまいました。見かねた上司はそんな私に「こんなことはよくあるよ」と言ってくれました。
「何人もレビューを重ねた結果だから。ひとりで抱え込むことはない」と。今ならわかりますが、それは単なる慰めではなく、チームで働く仕事の本質に関わることでした。

最初の失敗を通じて、チームの一員になれたように思います。その後は、精一杯任されたことに取り組みました。
システム移行が無事に完了し、実際に稼働しているサーバルームの様子を見たとき、すごく興奮したのを憶えています。
言葉にならない達成感もありましたね。

チームリーダーを任せていただくようになってから、とくに大切にしているのは、メンバーの思いや考えを汲み取ることです。
自身の経験からもそうですが、チームのメンバー内で認識がずれていたり、任された仕事の内容等に納得できないまま仕事を進めたりしてしまうと、どこかで問題が起きてしまいます。
そうならないように、チームのメンバーが何を考えているのかをいつも意識して、日常会話レベルからコミュニケーションを欠かさないようにしています。

そんな日々の中で、メンバーから相談されて頼ってもらったり、チームで仕事をしてお客様に感謝されたりすることに何よりも喜びを感じます。
コミュニケーションを取ることは当たり前かもしれませんが、当たり前のことが当たり前にできるということは、実は難しいことだと思います。
そこに仕事のおもしろみがあると思っています。

私がめざすもの。そして就職活動中のみなさんへ

インフォテックを選んだ理由は?

「相手が何を求めているのか、目的は何なのか。」その本質を考えて行動できるようになりたいと思っています。

例えば、お客様と開発する機能の仕様に関して打ち合わせをする際、システムの細部について話が集中してしまい、そもそもこの機能でやりたいことを振り返ってみると、当初思い描いていた機能とは違うものが出来上がってしまう、なんていうことはよくある話です。

そんなことが起きないように「そもそも相手が求めていること、目的って何だっけ?」と自問自答することを常に心がけています。
そして将来的には、お客様自身も気付いていないニーズを引き出し、お客様の問題を解決できる能力を身に着け、チームメンバーにも指導できるような存在になりたいですね。

インフォテックでは上流から下流までシステム開発をトータルで担っている会社です。
お客様と直接関わることができるチャンスも多くありますし、お客様の希望を自分たちの力でシステムとしてつくることもできる会社です。
様々な経験ができます。
また「社員を大事にする」社風は、自分の実力を発揮しやすい環境だと思います。
会社選びに迷っている方こそ、インフォテックの扉を叩いてみてほしいですね。

ある一日のタイムスケジュール

ある一日のタイムスケジュール
他の社員インタビューを見る