intor-prosol-2-1.jpg
2015年度入社
大宜見 笙子
OGIMI SYOKO

現所属部署:プロダクトソリューショングループ
学生時代の専攻:文系
趣味:ベランダガーデニング。休日は植物の植え替えをしたりテレビを見てのんびり過ごしています。
仕事の経歴:自社パッケージCreate!Form保守・開発

インフォテックを選んだ理由は?

インフォテックを選んだ理由は、風通しが良さそうな会社だったからです。面接の際、面接官(実際に現場で働くエンジニア)から「SEの仕事は大変だよ。それでもやっていけそう?」と質問されました。面接などにおいて、企業側は少しでもネガティブな要素を隠すものだと思っていましたが、インフォテックの面接は”包み隠さず”語ってくれました。面接であった学生にでさえ、”包み隠さず”語ってくれるということは、社員同士も”包み隠さず”語り合える風通しの良い会社なんだなと想像し、入社を決めました。
この風通しの良さは、現在所属しているチームでも実感しています。ベテランから若手まで10人ほどのメンバーでアイデア出しをする際には若手が自由に意見を言える雰囲気です。また、個人の作業がうまくいかない時があれば、気軽に周囲のメンバーに相談がしやすい雰囲気もあります。私自身、先輩社員や同僚にに相談することによって、自分では全く気付かなかったアイデアを教えてもらったり、教えてもらったアイデアからさらに自分で新しいアイデアを思いついたりすることで自分が抱えていた問題が解決することが多くあります。
また、私の所属するチームでは、後輩へアドバイスすることやスキルを伝達することを面倒に思うのではなく「将来への投資」として親身になってサポートしてくれる人が多いと感じます。私自身も将来、後輩が自分たちのチームにとって、ひいては会社にとって不可欠なメンバーに育つことを楽しみにしながら、日々後輩メンバーをサポートすることを心掛けています。
現在の仕事内容とその「やりがい」は?

仕事内容としては、インフォテックの自社パッケージ製品「Create!Form」の保守・開発を担当しています。新機能の仕様検討から、仕様書作成、実装、テスト、ユーザー向けの機能説明マニュアル・操作マニュアルの作成、同じ部署内のユーザーサポート担当から受ける問合せに対する調査を行っています。
この仕事で感じたやりがいとしては、製品に関する地道な調査を続けたことによって、製品の新機能を独力で実現できたことです。
新機能を実現するためには、現存の機能にどのようなものがあり、それがどのように実装されているかを知る必要がありました。もちろん、最初の頃は、製品について何も知らなかったのでどのような仕様があり、それがどのように実装されているか全く理解できませんでした。しかし、新しい機能を実装する上司に勉強フェーズを設けてもらい、同僚と一緒に協力しながら分担して、コツコツと理解を進めることで助けられました。勉強フェーズ後は自分ひとりの力で製品に新たな機能を実装できるまでになりました。地道な作業は大変ですが、そこで得た知識をもとに新たな機能が動くところを見たときは嬉しさと達成感がありました。
今後の目標 ~想い~ は?

今までは小さな機能の追加しかしたことがなかったため、今後は製品の「売り」となる機能の開発に携わりたいです。自社製品の機能追加となるとどのような機能を追加するか決めるために、ユーザーの声を知る営業との意見交換や競合他社の製品との機能比較、市場調査などを行います。追加機能のイメージが決まった後も、どのような技術を使えば実現できるかなどの技術調査も行います。生みの苦しみはあるでしょうが、製品のセールスポイントとなる機能を追加出来るとうれしいです。
intor-prosol-2-5.jpg
就職活動中の皆さんへのメッセージ

私は数学の授業は高校1年生が最後、高校で物理の授業はありませんでした。そんな文系出身の私ですが、現在は問題なく業務ができています。6か月間ある研修の中でコンピューターやプログラミングに関する基礎知識を学ぶことによって、現場に出てから自分で調べて理解する土台ができます。周囲にはサポートしてくれるメンバーがいるので、文系出身やプログラミング未経験でも働ける職場です。