intor-itsol-1-1.jpg
2016年度入社
鈴木 愛理
SUZUKI AIRI

現所属部署:アライアンス第2グループ
学生時代の専攻:文系
趣味:休日は友達や会社の同期と遊んでいます。一人で映画を観たり、読書したりもします
仕事の経歴:官公庁系インフラ環境構築、通信業界基幹システムにおけるデータベース運用・保守

インフォテックを選んだ理由は?
SEは、専門性の高い技術と柔軟なコミュニケーションスキルが求められる難しい職業という印象を持っていましたが、逆に自分の成長を大きく望める職業かもしれないと思い、SEを志すようになりました。
SEを志す上で、インフォテックを志望した理由は、他社と比較して、福利厚生が充実していること、女性の社員数が多いことから、働きやすい会社というイメージが強かったことです。また、面談の際に、自分の夢や目標など主に将来性の部分について関心を持って話を聞いて頂き、アドバイスを頂けたことで、「社員の成長」という部分を大切にしている会社だと感じたからです。
入社前に感じたことは、入社後も同じように感じています。仕事については、自分がやりたいと思った新しい仕事や、難しい仕事にどんどんチャレンジさせてもらっています。また、上司や先輩方には何かあればいつでも相談出来る環境にあるので、サポートを頂きながら作業が出来ますし、チームの仲間と助け合うことも多くあるので、不安無く業務が続けられます。
また、同じ部署の中だけでなく、他の部署の人達とサークル活動や勉強会を通じて交流出来る場がありますし、新人研修を共にした同期は皆仲が良いので、プライベートで遊びに行くことも多くあります。インフォテックは「人とコミュニケーションが取りやすい環境」がきちんとあるという所が魅力だと思います。
現在の仕事内容とその「やりがい」は?
インフラ専門の部署に所属しており、大手通信会社の基幹システムのデータベースに関する、利用者からの問合せ対応を行っています。また、データベースを管理する業務の中で、お客様の抱えている問題や課題を見つけ、その課題に対する改善案を考え、提案し、改善業務も実施するという「運用コンサルティング」も行っています。
現在のプロジェクトは私と先輩の2名体制で始まりましたが、約2年でメンバーは20人まで増えました。プロジェクトが大きくなると売上が上がるので、それによって会社に貢献出来ている事が実感出来ます。そしてメンバー間の技術の横展開も広がるので、チーム全体が成長している様子を日々感じられ、それが自分のモチベーションに繋がっています。また、何より、お客様の要望に合った仕事が出来ているということにやりがいを感じます。
ちなみに新人時代にエンジニアとして初めて担当した仕事は「最新技術を使用したデータ移行方式の検証作業」でした。初めて担当する仕事ということもあり、毎日分からない事だらけで、失敗の連続でした。ですが、失敗を繰り返すだけでなく、次にどうしたら失敗しないかを考え続けた結果、現在のデータベースの運用保守業務では、緊急で対処が必要な場面であっても冷静に対応出来るようになりました。過去の経験を経て成長を実感できたことは、今の自分の自信に繋がっていると思います。
今後の目標 ~想い~ は?
様々なデータベース製品を扱えるデータベース管理者を目指しています。具体的には、データベース製品の特徴や動き方の違いをおさえて、お客様のシステムに適した最高のパフォーマンスが出来るデータベースの設計、構築、運用保守まで一通りの事が出来る人になりたいです。
そのために、今までメインでやってきた運用保守業務から、新たに構築作業も担当する中で、新しい知見や学びを日々得ながら作業することを心掛けています。また、自分の仕事に自信を付ける為に、資格取得の為の勉強にも取り組んでいます。帰宅後や休みの日に自宅で学習することもありますし、より難しい内容のものについては、研修を活用することもあります。ちなみに資格を取得すると、会社から受験費用と報奨金が支給されるので、それも勉強のモチベーションに繋がっています。
intor-itsol-1-5.jpg
就職活動中の皆さんへのメッセージ

インフォテックは、社員一人ひとりの成長を第一に考えてくれる会社です。その意識が会社やチーム全体で共有出来ているからこそ、高い目標に向かって新しいことにチャレンジしながら成長出来る環境・制度がきちんと整備されているのだと思います。一人で困難な課題に向かっていくことは難しいですが、上司や先輩方やチームのメンバーなどの心強い周囲のサポートがあれば乗り越えられない状況はないと思います。
インフォテックの社員として、将来の目標に向かって仲間と共に成長し続けたいと思う方をお待ちしています!