「私のDear Tomorrow」

# やりがいが大きい # 社会の体幹

# 高め合える人たち # 会社の枠を超えて # 有意義な時間を作る

2007年 入社

経営情報学部卒

藤畑 祐樹

システム開発

メディカルグループ

職種: プロジェクトマネジメント

仕事の経歴:
インフラ関連会社様のシステム設計・開発・運用・保守、医療関連会社様のシステム開発・運用・保守

Interview

いつも正直であること。
私たちのITはそうでなくてはならない。

インフォテックを選んだ理由は?

インフォテックを選んだ理由は?

インフォテックを選んだ理由は? 大学時代からITを学んでいたので、学んだことを活かした仕事がしたいと考えていました。
会社を選ぶときに考えたのは、会社の大きさよりも、やりがいの大きさです。

インフォテックは外からは見えにくいですが、様々な社会を支える大規模システムに関わっていました。
人間のからだに例えれば、それは体幹のようなものです。
そこに関わる仕事は、技術者としての醍醐味を味わえるのではないかと思いました。

また面接を通じて話した先輩方がとても魅力的でした。
お話を通じて、単に技術だけでなく、お客様とコミュケーションを大切にする仕事だということ、その仕事のおもしろさを語る姿に惹かれました。

ここならば、と思いましたね。

現在の仕事内容とその「やりがい」は?

インフォテックを選んだ理由は?

私は今、某ヘルスケアカンパニー様の商品の販売状況や在庫に関するデータ分析システムの設計・開発・運用に関わるプロジェクトで、マネージャーを務めています。

最近まで約1年半の間、関わっていたのは、このヘルスケアカンパニー様が実施したM&Aに伴うシステム移行開発プロジェクトです。
これはM&Aによって合併される企業で元々使われていたシステムを新しい環境に合わせていくもので、システム移行だけではなくビジネスプロセス(業務統合)の変更まで伴うものでした。
会社の合併期日は決まっていますから、そこに必ず間に合わせなければなりません。

また既存のシステムは合併までは同時に使い続けるため、お客様の業務に支障をきたさないようにすることも必須です。
そのため、スケジューリング、調整を厳密に進めていく必要があり、実際にシステムを使う利用者の方、顧客先のIT部門と密に連携をとることが私の大きな役割でした。

この大規模なプロジェクトを遂行するにあたり大変だったことは、プロジェクト全体で成功する為に、何か問題が起こった際にどのような代替策をとっていくのかを考えることでした。
これほどの大規模プロジェクトになると、インフォテックだけでなく、他社と共同でシステム開発を進めることになります。
私たちのチームはシステム移行業務の経験があり、その実績を評価いただいてこのプロジェクトにアサインされており、ノウハウがあったこともありスムーズに進行できたのですが、それでも他社の開発担当箇所などプロジェクト全体で様々な問題に直面しました。
その際、なにより優先したのはお客様の業務を止めないことでした。

私たちからお客様、開発に関わる他社に対し積極的にフィードバックして仕様調整を行い、お客様にも代替策の提案を行いました。
また関わりのある人が多くいるので、いつも以上にコミュニケーションをとるように心がけました。
時にはお酒を酌み交わしたりして、お互いの課題を共有したり、全く関係のない趣味の話をしたり。話しやすい関係になれたので、結果として仕事は進めやすくなりました。

残念ながら、完全なシステム移行は少し遅れてしまったのですが、代替策によってお客様の業務を止めることはなく、私たちの担当システムは品質面でもお客様に評価され、お褒めの言葉をいただけました。
誠実に、真面目に仕事を進めるインフォテックを評価されたようでとても嬉しかったですね。

私がめざすもの。そして就職活動中のみなさんへ

インフォテックを選んだ理由は?

ITの力で誰もが現状よりも負担がなく仕事が進められるようにできたらと思っています。
そうすれば、お客様は業務の本質的なことに時間を使えます。
仕事の精度も上げられますし、新しい展開を考える時間も生まれます。
仕事が早く終われば、プライベートを充実させることもできる。そんな風に有意義な時間を増やせたら嬉しいですね。
その為にも、相手の話に耳を傾けること、正直であることを大切にしていきたいですね。
できないことはできないと言う。それが言える信頼関係は、いいものをつくる基本だと思いますから。

また医療関連のシステム開発以外だと、地理情報システムの開発に取り組んでみたいとも思っています。
今は災害も多いですし、インフラ系のシステムを進化させることができれば、結果的に災害による被害を少なくすることができるかもしれない。 いつかぜひチャレンジしたいテーマです。

インフォテックは学びたい、成長したいと思う人にはうってつけです。
研修やセミナーにも「どんどん行け!」という環境ですし、新しい技術に貪欲な人がたくさんいるのもいいところです。
社会を支えるような仕事をする環境もあります。

また、社員同士、上司・部下の関係はとても風通しがよいと感じています。
研修を共にした同期ともずっと仲がいいですね。
お互いの仕事のことや新しい技術のこと、プライベートなことなど、様々な話を通じて高め合える関係は、自分の成長を支えてくれるものです。
みなさんの応募を楽しみにしています。

ある一日のタイムスケジュール

ある一日のタイムスケジュール
他の社員インタビューを見る