インフォテックの先輩達の1日を追って仕事をイメージしてみましょう!

top_ph01

若手社員の1日

若手社員は先輩や上司に与えられた仕事を行い、終わったら報告し、上司に成果物を確認してもらい、次の仕事をもらうという流れで業務を進めていくことが多いです。

徐々に仕事に慣れてきたら大きな仕事を任せてもらえることもあり、先輩や上司に言われたことをするだけでなく自分で考えながら業務を行うことも必要です。

また、電話対応や会議の議事録作成等の事務作業も若手の仕事になることが多いです。

top_ph02

中堅社員の1日

中堅社員になると、多少まとまった単位の仕事を任されます。

仕事の期限や内容(最終的な成果など)を確認して、自分で作業計画を立て業務を進めていきます。後輩と一緒に自らチームリーダーとして仕事をする場合もあります。

この場合、後輩への作業指示や作業状況の確認、成果物のチェックなど指導育成も中堅社員の重要な仕事となります。

top_ph03

ベテラン社員の1日

ベテラン社員は、ほぼ自分の専門分野が固まり、技術系または管理系の専門分野でお客様やチームメンバーから頼りにされるキーマン的な存在になります。

自ら目標を立て、活動の計画を立案し、計画に沿って業務を進めチームや部門を牽引する役割を担います。

中堅社員と比べると、責任範囲の質と量が広がり、会社や部門へ貢献するために何が出来るのか、どうするべきなのかなどを考えて実行する意識と行動力が求められます。

※この社員の1日はある同じグループの社員複数名にアンケートをとり、それをもとに作成したものです。